クローズアップ
「ファンの方に球場に来てもらえる日を
僕らも楽しみにしています」
─まずは和田投手の長いキャリアを振り返っていただきますが福岡ダイエーホークス時代の一番の思い出を教えてください。

「自分の中では(入団)1年目にリーグ優勝と日本一を経験でしたことがすごく大きかったですね」

─ルーキーながら、日本一の胴上げ投手にもなりましたよね。

そういうこともありましたね~(笑)。あれは巡り巡っての運もあったと思います」

─その時は王貞治監督(現:会長)でした。
当時の王監督とはどのような思い出がありますか。

「王監督は試合への入り込み方、1勝に対する執念が本当にすごかったですね。王監督自身が試合をしているかのような、自分がプレーヤーかのような雰囲気で指揮をされていました。若い時はずいぶん怒られましたよ(笑)。でも、怒られてもユニフォームを脱がれたらすぐに『切り替えろよ』と、試合中とは違う優しい表情で声をかけていただきました。
本当に野球を愛している、ホークスを愛しているということが伝わりましたし、入団した時から『この監督を胴上げしたい』と純粋に思える方でした」

─チーム内には杉内俊哉投手と新垣渚投手という同学年のライバルがいて、先輩には斉藤和巳投手というエースがいました。そのような投手陣から受けた刺激も大きかったのではないですか。

「それがなければ今の自分はいないと言っても過言ではないくらいの存在です。和巳さんは誰にも分け隔てなくアドバイスしてくれる方ですし、間違っているときはしっかりと怒ってくれましたね。本当に負けない投手というイメージ、常に相手を圧倒するイメージがあって、和巳さんの背中を見て『これがエースなんだ』と感じていました。チームのエースでもあったんですけど、和巳さんがいたからチーム内にピシッとした1本の筋が通っていたように思います。僕は和巳さんがいたから伸び伸びと野球ができましたし、投げることだけに集中できたと思います。そこにスギと渚という同級生がいたおかげで切磋琢磨でしたし、彼らよりも1つでも勝ち星を多くとか、防御率も良くなるようにと考えていました」
このインタビューの全編は、月刊ホークス7月号をチェック


(c)copy right 2009 Gekkan HAWKS Rights Reserved.